cafe Door 昔と今 part⑧ 二重扉

2011/11/06 | cafe Door昔と今, News

cafe Doorの奥の二重扉は、おちゃめ感覚で残したDoorです。
それでも作るとなったら、ちゃんと作らないと。
ところが、このDoor付近は、何度測っても長方形ではないのです。
四つの角が直角でないし、上下左右のすべての寸法が一致してないのです。
ひし形…いやいや、台形…いやいや、ゆがんだ台形ですかね?
しかも、Doorの下の床が平らでなく、水平がとれない…。
仲間のTちゃんからお借りしたレザーレベラーでレベルを確認して、
横壁と同じように、四重構造で壁枠を決めていきます。
それに合わせて垂木を切って、まず垂木を決めて、スチロールで埋めていきます。

その上から石膏ボードを打ち付けて

横壁同様に仕上げていきます。

もちろん内側のDoorも手作りです。
壁と同様に作ったので、同一化して、ちょっと言われないと気がつかないかも?

ここにDoorがあったの?ってびっくりするお客様もいらっしゃいます。

なかなか満足のいく仕上がり~!
へぇーって言う仕上がりになりました。
この日最後に、Door横に、

コンセントをつけて終了となりました。
ま・ん・ぞ・く・・・☆

メッセージはContactからお願いします。

Comments are closed.